尾崎俊さん & 楽太郎

rakutaro

_A010312

その家にやってくる犬には、
その家族に愛される才能が備わっていると思う。

_AA11172

以前はシェパードの「ポピー」を飼っていました。大きい犬が好きなんです。
新しい子を迎え入れようと思ったとき、ペットショップでは小型犬ばかりで
大きい犬がいませんでした。それでネットで保護犬の存在を知りました。
10年後の自分の体力やライフステージを想像しながら、
最終的には大型ではなく中型の楽太郎を迎え入れることに決めました。
前の子を育てているときは娘の子育てもしながらでしたから、
同じように子どもという目線でした。でもこの子はどちらかというと
孫という感じで、ついつい甘くなってしまうところもありますね。
うちに来て間もない頃は、部屋の奥の方でじっとしていましたし、
仲間の輪にも最初はなかなか入れなくてもじもじしているタイプなんです。
実はそれって、私の子ども(人間の)の小さい頃とよく似ているんです。
不思議ですよね。私は、家にやってくる犬というのは、
運命や遺伝子のレベルで、そこにふさわしい子がやってくるような気がするんです。
楽太郎の横顔も、なぜかポピーにそっくりなんですよ。
最近では家族はもちろん地元にもすっかり溶け込み、
散歩先の公園でおやつをくれるおじさんを見つけると
駆け寄ってしまうくらいなんですよ(笑)。

_A010305

_A010283

_A010353

_AA11171

_A010346

_AA11234

_A010384

_AA11263

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>